2015.08.31更新

喫煙や飲食など、あらゆる事が因子となり歯に着色は起こります。
着色があまり濃いものでなければホワイトニングで綺麗にする事は可能ですが、抗生物質のテトラサイクリンなどが原因で着色が起こっていると、
ホワイトニングで綺麗にする事は難しくなってきます。

そんな時に便利なのがラミネートベニアです。ラミネートベニアとは歯の表面を少しだけ削り、セラミックなどの付け歯を貼付ける治療方法の事を言います。

これを利用する事により綺麗に出来なかった歯の色を改善する事が出来ますし、気になる歯の隙間を綺麗に埋める事が出来るため、高い審美性のある効果を得る事が出来るのです。

もちろん、ラミネートベニアに使う付け歯は汚れづらく、さらには虫歯になりづらい素材を利用していますので、長く愛用する事が可能です。

審美的効果が非常に高いのがラミネートベニアなので、ホワイトニングで効果を得られなかった方におすすめの治療法と言えます。

神戸市垂水区にある当院ではラミネートベニアのご対応を行っています。
歯を綺麗にしたい、ホワイトニングだと駄目だったという方は一度、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院