2014.12.26更新

ホワイトニングは20世紀の歯科技術の発達と共に、
急速に多くの方に利用されるようになった、
審美歯科の治療です。

歯を奇麗にしたい、という方は、接客関係から、
芸能関係まで、幅広いニーズがあります。
しかしながら、実際に歯を奇麗にするとなると、
どうしても、色々とお手間がかかってしまうことがあります。

そのような点に関して、どうしてもお手間がかかってしまう場合、
ぜひ早めに当歯科医院にご連絡をいただければと思います。

ホワイトニングは、歯石やタバコのヤニなど、
長期的な歯の汚れに関しては、なかなか落とすことができないため、
早めにその対処をするようにしておくことで、
完全に歯の汚れを取り除くことが可能になります。

神戸市垂水区でホワイトニングの治療を希望される方は、
ぜひ早めに当歯科医院にご連絡をいただければ、
患者様の状況に合わせて、適切に治療をすることをお約束いたします。

歯を奇麗にされたいとお考えの方は、
近年かなり多くなっておりますから、
歯のことで不安がある方は当院にご相談ください。
早期に当歯科医院にお任せいただければきれいになります。

ホワイトニングであれば、幅広い治療をご提案できますから、
ぜひどのようなことでもお気軽にご相談ください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.12.24更新

口内や口元を綺麗にみせるポイントとしては、
歯の色や歯並びが整っている事が大切です。
そしてそれと同じくらいに歯茎の色も、
表情の印象に関して大きな影響がある事としてあげられます。

歯茎の色は元が綺麗なピンク色だとすると、
徐々に黒ずんでいってしまう事があります。
これはメラニン色素が沈着する事や歯科に関連する金属によって、
色素沈着を引き起こしてしまうからです。

歯茎の色を綺麗に戻す方法としてはガムブリーチングが効果的です。
ガムブリーチングを行なうにはメラニン色素の沈着によって、
歯茎の色が変わってしまった方に効果的ですが、
綺麗なピンク色の歯茎を取り戻す事が可能です。

ガムブリーチングは一度の施術をうけるだけで綺麗な歯茎に出来るので、
複数回通院する必要がありません。
一度綺麗にしてしまえば、個人差はあるものの約3年程度は、
効果が持続してくれます。

歯茎の色が黒ずんでいる事に気づいていないという方も多いですが、
昔の自分の歯茎と比較すると大きく色は変わっている事があります。
神戸市垂水区にある当院ではガムブリーチングを行なっているので、
気になる方は是非一度当院にご連絡下さい。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.12.19更新

タバコのヤニや茶渋、コーヒーといったもので、
歯に着色があり汚れていってしまうと簡単には取れなくなってしまいます。
歯の色を綺麗にする方法はいくつかありますが、
審美的な効果があるものの一つとしてラミネートベニアがあげられます。

ラミネートベニアとは非常に薄く歯の表面を削り、
表面にセラミックで出来たシェルを貼付ける方法です。
もちろん、削るのはごくわずかな薄さで行なわれるため、
神経を削る事は一切ありません。

歯の型であるシェルを貼付けるのは特殊な接着剤で、
簡単には剥がれる事がありませんので安心です。
また、シェルの形は審美的に綺麗な形を型取りされているため、
美しい歯を手に入れる事が可能です。

ラミネートベニアは色を消して綺麗な歯を手に入れられますが、
型を貼付ける施術でもあるため、適した歯があります。
摩耗した歯や前歯に隙間のある歯、
ホワイトニング以上に綺麗に白くしたいという方の場合にも、
ラミネートベニアは適した施術方法としておすすめされます。

神戸市垂水区にある当院ではこのラミネートベニアを取り扱っているので、
汚れてしまった歯を綺麗にしたい方は是非一度ご相談頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.12.12更新

ラミネートベニアは歯が変色しているかたや歯と歯の間に隙間があるかたに対し、
歯の表面を削り、薄い板を張り付けて見た目を改善するという治療です。
ラミネートベニアは歯の表面だけを削れば良い治療であり、
処置が簡単であるとともに、歯の神経を傷つけることもないので、安心です。

ラミネートベニアの治療はどんどん改善していっています。
以前はプラスチックを歯の表面に張り付けていましたが、
プラスチックだと、色が変わることや表面がすり減ることが問題でしたが、
セラミックを用いたラミネートベニアの場合は、
色が変わることや表面がすり減ったりすることはほとんどなく、
割れることやはがれたりすることもなくなりました。

歯と歯の間の隙間が気になるかたも多いと思います。
特に前歯に隙間があると人前で歯が見える表情をしにくくなってしまいます。
ラミネートベニアをおこなうことにより、
コンプレックスがなくなり、
安心して人前で歯が見える表情ができるようになります。
治療をした後に注意をしないといけないことは、
噛みしめ癖があるかたや歯ぎしりをしてしまうと、
割れてしまう可能性が高くなるということです。
せっかくの治療が無駄になってしまうこともあるので、
注意してください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.12.05更新

喫煙を行なう事によって、
タバコのニコチンによって歯の色に着色が起こりますが、
それは歯だけではなく歯茎にも同様の現象がみられます。

タバコに限らず、食事によっても、
歯茎はメラニン色素を分泌してしまうために、
黒ずんでしまう事は少なくありません。

歯の色が白く綺麗であれば清潔で美しく見える事と同様に、
歯茎の色も審美歯科としての見方では大切になってきます。
汚れてしまった歯の色を綺麗にする方法がホワイトニングや、
歯のクリーニングを行なう事に対して、
汚れた歯茎、歯肉を綺麗にするにはガムブリーチングが用いられます。

ガムブリーチングにはレーザーによる除去法や外科的除去法、
薬剤による除去法を用いられる事が一般的です。
薬剤除去法の場合には、
専用の薬を塗る事によって、
メラニン色素を除去する事が出来る施術になります。

アルコールやフェノールといったもののアレルギーがあると、
この施術が受けられないケースもありますが、
そのようなアレルギーやその他の問題が無い方で、
ガムブリーチングを受けたい方は、
神戸市垂水区にある当院にご連絡下さい。
ご希望の患者様に適正な方法で、
ガムブリーチングの対応をさせて頂きます。

投稿者: 春藤歯科医院