2015.06.01更新

着色の濃い飲食物や、習慣的な喫煙が原因で、
歯の色に着色が起こり、黄ばみなどが目立ってしまう事があります。
そういった着色に対してはホワイトニングなどの治療法で、
綺麗な白色に戻す事が可能です。

しかし、抗生物質による着色の場合はそうはいきません。
テトラサイクリンの変色については、ホワイトニングなどの効果がないため、
ラミネートベニアを用いられる事があります。

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、
付け歯を表面に接着する治療方法です。
これにより綺麗にならない歯の色を綺麗に改善する事が出来て、
さらに歯の隙間を付け歯によって埋められる様になるため、
審美的な効果もえられます。

また、ラミネートベニアの治療は合わせて虫歯の治療も行えるため、
見た目はもちろん、口内の問題を改善出来るメリットもみられます。
張りつけた付け歯が剥がれてしまわないか心配する方もいますが、
強力な接着剤を用いているため、簡単に剥がれる事はありません。

神戸市垂水区にある当院ではラミネートベニアでの治療を行っています。
歯の色についてお悩みがある方は一度、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院