2015.08.31更新

セラミックでの歯科治療なら神戸市垂水区にある当院にご相談下さい
虫歯になったときや歯が欠けてしまった時などの際には、詰め物や被せ物をする事で損傷を補う治療が行われます。

その時、銀歯の様に金蔵を用いられる事は少なくありません。
銀歯は単価が安いために低価格で利用出来るからです。
しかし、金属は歯茎や歯を黒く変色させてしまったり、金属アレルギーを引き起こしたりする事の原因となります。

そこで便利なのがセラミックです。
セラミックは自然な歯の色に近く人体に無害な素材を使っているため、金属アレルギーを発症させてしまう心配はありませんし、
見た目に関して気になるところが出てくる事もありません。

また、セラミックは銀歯などの様に劣化するような事は少ないため、長期間使える寿命の長さがメリットとも言えます。
自由診療であるために銀歯などと比較して負担は大きくなりますが、審美性、機能性ともに優れた特徴があるのでおすすめです。

神戸市垂水区にある当院ではセラミックを使った治療を行っております。
虫歯の詰め物や被せ物、ラミネートベニアやセラミックブリッジなど、あらゆる場面で役立つのがセラミックです。
ご希望の方は是非、一度当院にご相談下さい。

 

投稿者: 春藤歯科医院

2015.08.31更新

歯科治療に用いる銀歯や金属ワイヤーなどの医療品については、金属が使われている為に金属アレルギーを引き起こしてしまう事があります。

長期間、口の中に金属を取り付けている事によって溶け始めてしまい、その成分が体内に取り込まれる事によってアレルギー反応を起こします。

金属アレルギーによって起こる症状は様々ですが、口内炎、歯肉炎、手足に膿胞が出来てしまうなどといった事など、あらゆる症状を引き起こします。

もし、これらの様な症状が現れた場合には、口内に取り付けている金属を取り除く事、あるいは、金属をセラミックに変えて再度治療をする事が必要となります。

また、もし治療前にアレルギーの心配がある場合には、パッチテストを行い、金属アレルギーの有無を確認する事も大切です。
リスクがある事は事前に必ず確認しておく事が望ましいと言えます。

神戸市垂水区にある当院では金属アレルギーのご相談を承っています。
セラミックで治療したい、アレルギー物質を取り除いて欲しいという場合、一度当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院

2015.08.31更新

喫煙や飲食など、あらゆる事が因子となり歯に着色は起こります。
着色があまり濃いものでなければホワイトニングで綺麗にする事は可能ですが、抗生物質のテトラサイクリンなどが原因で着色が起こっていると、
ホワイトニングで綺麗にする事は難しくなってきます。

そんな時に便利なのがラミネートベニアです。ラミネートベニアとは歯の表面を少しだけ削り、セラミックなどの付け歯を貼付ける治療方法の事を言います。

これを利用する事により綺麗に出来なかった歯の色を改善する事が出来ますし、気になる歯の隙間を綺麗に埋める事が出来るため、高い審美性のある効果を得る事が出来るのです。

もちろん、ラミネートベニアに使う付け歯は汚れづらく、さらには虫歯になりづらい素材を利用していますので、長く愛用する事が可能です。

審美的効果が非常に高いのがラミネートベニアなので、ホワイトニングで効果を得られなかった方におすすめの治療法と言えます。

神戸市垂水区にある当院ではラミネートベニアのご対応を行っています。
歯を綺麗にしたい、ホワイトニングだと駄目だったという方は一度、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院

2015.08.31更新

補綴とは歯の噛み合わせや見た目などを治療で解決する事を言います。

歯の見た目は色が変わっていたり歯並びが悪かったりすると、どうしても相手に悪い印象を与えてしまう事があります。

また、噛み合わせに関しては歯並びが影響してしまう事が多く、噛み合わせが悪いと顎を痛めてしまったり、さらに歯並びを悪くしてしまったりする原因にもなります。

補綴では様々な治療が行われます。
クラウンやブリッジ、入れ歯やインプラントに関してもいえますし、ホワイトニングをして歯を綺麗にする事も補綴に含まれています。

歯を欠けたままにしたり抜けた状態を放置してしまうと、歯全体のバランスが悪くなってしまい悪い歯並びを作り、
さらに虫歯を起こしやすくなってしまう事も十分にあり得るのです。

歯の治療は痛いというイメージを持っている方が多いでしょうが、補綴での治療に関しては虫歯などの治療とは異なり痛みは少ないです。
健康的に生活するために非常に大切な治療が補綴なのです。

神戸市垂水区にある当院は補綴歯科としての治療を行っております。
もし、歯のトラブルがあった場合には当院にご相談下さい。

投稿者: 春藤歯科医院