2016.01.20更新

歯科治療には金属を用いて施術が行われる事は少なくありません。
一例としては、虫歯治療に使われる銀歯があげられます。
本来、低単価で手軽に取り付けられるメリットがある銀歯ですが、中には金属アレルギーを発症してしまう事を理由に、
使用出来ないという方も決して珍しい事ではありません。

そういった方々の場合、どのように治療するのかという事ですが、セラミックを使った歯科治療を行われる事が多くみられます。

セラミックでの被せ物、詰め物に関しましてはまず、金属アレルギーを発症する事はございません。

また、見た目が自然の歯により近い白さや輝きがあるために、審美的な効果も高くみられるのが、セラミックの大きな特徴です。

見た目だけではなく、素材の寿命が長い事もセラミックの利点と言え、セラミック素材の部分は虫歯を起こしづらいという特徴もみられるのです。

神戸市垂水区にある当院ではセラミックを用いた歯科治療も行っています。
金属ではなくセラミックで治療を行いたいという方は一度、
当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院

2016.01.12更新

補綴とは歯の噛み合わせや見た目などを治療で解決する事を言います。

歯の見た目は色が変わっていたり歯並びが悪かったりすると、どうしても相手に悪い印象を与えてしまう事があります。

また、噛み合わせに関しては歯並びが影響してしまう事が多く、噛み合わせが悪いと顎を痛めてしまったり、さらに歯並びを悪くしてしまったりする原因にもなります。

補綴では様々な治療が行われます。
クラウンやブリッジ、入れ歯やインプラントに関してもいえますし、ホワイトニングをして歯を綺麗にする事も補綴に含まれています。

歯を欠けたままにしたり抜けた状態を放置してしまうと、歯全体のバランスが悪くなってしまい悪い歯並びを作り、さらに虫歯を起こしやすくなってしまう事も十分にあり得るのです。

歯の治療は痛いというイメージを持っている方が多いでしょうが、補綴での治療に関しては虫歯などの治療とは異なり痛みは少ないです。
健康的に生活するために非常に大切な治療が補綴なのです。

神戸市垂水区にある当院は補綴歯科としての治療を行っております。
もし、歯のトラブルがあった場合には当院にご相談下さい。

投稿者: 春藤歯科医院

2016.01.06更新

歯に穴が空いたり、欠けてしまったりした際には、補綴を行い、歯の欠損を補ってあげる事が必要となります。

その際に用いられる素材として、銀歯が一つにあげられます。
中にはセラミックをご希望される方も少なくありませんが、銀歯にも様々なメリットがみられます。

まず、銀歯は保険が適応する為に低価格で治療が行えます。
虫歯を削ったり装着したり、さらには維持管理料金を含めたとしても、さほど高い料金にはならないという利点があります。

また、取り付けるまでの期間は非常に短いです。
虫歯の場合にはまず虫歯を削って、歯の型取りを行います。
その次に銀歯を装着するだけなので、大体2日くらいで治療が完了するのがほとんどです。

そして銀歯は長期間に渡って利用して行ける耐用年数があります。
銀歯の素材が劣化するまでは大体5年くらいが目安で、
実際に使い続けられる人は7年を越えている人も多くみられます。

低単価で寿命も長いため、コストパフォーマンスに優れていると言えるのです。

神戸市垂水区にある当院では銀歯を用いた治療を行っております。
手軽に虫歯などの治療を行いたいという方は、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者: 春藤歯科医院