2014.11.21更新

歯と歯の間に隙間があるかた、変色してしまった歯があるかたは、
ラミネートベニアをおこなうのがおすすめです。
歯の表面を少し削り、歯の色をした薄い板を貼り付け、
見かけを改善する方法ですので、
歯が変色したかたや、歯と歯の間に隙間があるケースに有効です。
以前は歯の全周を削り、その上にかぶせものを入れる必要がありましたが、
クラウンをかぶせるためには、歯を大きく削る必要があります。
ラミネートベニアの場合は、少しだけ削れば良いので、
歯の神経にも影響はありませんのでおすすめしています。

歯と歯の間に隙間があるのを気にされているかたも多いと思います。
特に前歯の間にある隙間は気にするかたが多いです。
前歯はどうしても歯が見える表情をする時に目立つ部分です。
目立つ部分だけに、人前で見えないようにしているかたも、
ラミネートベニアをおこなうことで安心して人前で歯を見せられます。

歯は人の印象を大きく変えるものです。
綺麗なかたは歯を綺麗にすることでより綺麗になり、
歯にコンプレックスがあったかたもコンプレックスでなくなります。
ラミネートベニアをしたいというかたは、
ぜひ、当院にご相談ください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.11.14更新

歯茎の色が気になるかたはガムブリーチング治療がおすすめです。
すぐに歯茎の色が健康的なピンク色になり、
どす黒い色ではなくなります。
歯の色の治療をしているかたは少なくありませんが、
歯茎の色も一緒に治療をしないと、
色合いのバランスが悪くなってしまいます。

色素の多いかたや喫煙習慣があるかたは、
歯茎の色がどす黒くなってしまいがちです。
放置しておいても治るものではなく、
どんどん悪化してしまうので、
お早目に治療をすることをおすすめしています。

基本的には薬剤を使っている色を戻していきます。
短時間での治療となっているので、
お仕事が忙しくて時間があまりないかたも安心して治療ができます。
歯茎の色の治療と聞くとあまりピンとこないかたもいると思いますが、
ご自身の歯茎の色をチェックしてみてください。
普通はピンク色なのが、どす黒くなっているかたは、
ほかのかたから見て口元の印象が変わります。

就職活動の面接や結婚式、お見合いといった大事な時に治療をするかたが多く、
大切な時に歯茎の色がどす黒いと印象が悪くなってしまいます。
後に後悔をしないためにも治療をおこなってみてはいかがでしょうか。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.11.07更新

金属アレルギーでお悩みのかたは少なくないと思います。
症状が進行してしまうと、肌がかぶれてしまい、
アトピーのかたが、症状が悪化した時と同じようになってしまいます。
できるだけ金属に触れないように生活をすべきであり、
金属が含まれているアクセサリーを付けるのは辞めるべきです。
何気なく付けているアクセサリーが症状を悪化させている原因になっているので、
注意をしないといけません。

症状が進行してしまった時には、投薬治療をおこないます。
薬の効果で肌のかぶれがなくなっていくので、
安心して人前に出ることができるようになります。
覚えておかないといけないことは、
症状が完全に改善をしたという訳ではないということです。
金属アレルギーは完全に治すのは難しい病気です。
日常生活の中で症状が出ないように心がけて生活をすることが重要であり、
症状が出た時にはすぐに治療をするようにも意識しないといけません。

当院では症状が出た時に投薬治療で治療をするのはもちろん、
後の生活で症状が出ないようにするためのアドバイスをしています。
肌が荒れてしまうと、人前に出たくないという気持ちになり、
学校生活や社会生活にも影響してしまいます。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.10.31更新

銀歯は古典的な治療の一つで、古くから多くの差し歯の治療で用いられてきました。
また、虫歯治療でも欠損した歯の部分を補う方法として、
大変優れている治療法といえます。

銀歯の銀は実際に本物の「Ag」を含んだ金属加工物ですが、
柔軟に欠損した歯の形に合わせて補完することが可能であるため、
現在も多くの治療のケースで用いられている一つです。

白い差し歯よりも銀歯の方が治療方針として好まれる方もおり、
治療するべき患部の状況に応じてはそちらを選択することもございます。

銀歯の治療は、インプラントのように自費診療にならず、
全額保険診療が可能でございますので、
ご希望の方は、銀歯の治療に対して幅広いノウハウを持った歯科医院で
治療をすることをお勧めします。

神戸市垂水区の当院であれば、銀歯の治療が必要な患者さまにも、
臨機応変に治療に対応を進めることをお約束いたします。

もし、歯のことで不安を感じている、早めの治療を希望したい、
など日常生活の中で、すでに負担を感じているようなことがございましたら、
出来る限り早めに治療を進めるようにすることをお勧めします。

歯の治療は、そのまま放置せずに、出来る限り早く対応をすることが、
全体的な負担を減らすことになりますので、
早期に治療を進めるようにしてください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.10.24更新

歯の色や歯茎の色合いは、実際に口元を見られたときに、
健康的かそうでないかという印象を大きく左右するポイントです。

歯の色に関しては、女性などは気にかける方は多くいますが、
歯茎のことになると、ついチェックが疎かになってしまう傾向にあります。

また、男性の場合、喫煙や不規則な生活などによって、
歯周病にかかってしまい、歯茎が不健康な印象を与えることも珍しくありません。
特に営業や外回りをされている方では、知
らないところで相手先に口元を確認されており、
不快に思われている可能性もございます。

通常のブラッシングや、衛生管理では、一度黒ずんでしまった歯茎を、
健康的に回復させるためには、どうしても時間がかかってしまうものです。

また放置しておくと、歯周病などの場合には、
余計に歯茎も不健康になってしまい、さらには歯が抜けるなど、
病状が悪化してしまう危険性もあります。

神戸市垂水区にある当院では、歯茎を健康的に見せる、
「ガムブリーチング」を早くから取り入れておりますので、
患者さまの状況に合わせて「健康的な歯茎」を取り戻す治療をしております。

黒ずんでしまった歯茎や、不衛生に見える歯茎でお悩みの方は、
ぜひ早めに当院にご相談されることをお勧めします。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.10.17更新

小さなお子様から高齢者まで虫歯にかかる事はありますが、
その治療の際に活用される物としては銀歯が挙げられます。
銀歯は虫歯治療の際に被せ物として利用される事になりますが、
ほかのものと異なり銀歯の場合にはとても安価で取り付ける事が可能です。

保険が適応する被せものとして知られており、
尚かつ高い強度を誇っている為に頑丈になっています。
ですが人によっては金属アレルギーのために利用出来ないという事もあります。

また、金属であるために見た目が気になるという事もあります。
銀歯にはメリットがたくさんある分、
気になる点もいくつか出てくる事もあります。
ですが、今となっては安価で頑丈な銀歯に頼らなくても、
セラミックで被せものを活用する事も可能になっています。

銀歯と異なり透明で固さの調整も出来る様な事があり、
健康な歯を傷つけてしまう様な事はありません。
銀歯に関するご相談であれば、
金属にするかセラミックにするか、
もちろん患者様のご希望に添えた提案を致しますので、
お悩みの方は神戸市垂水区にある当院に一度ご連絡下さい。
見た目や強度など様々な要素を踏まえた上で、
最善の対策をご提案させて頂きます。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.10.10更新

歯の治療には古くから、銀歯や、
ワイヤーなどの金属が使用されてきました。
また、近年では、インプラントなども普及しており、
金属を使用します。

しかし、一部の患者さまの中には金属アレルギーのため、
歯科治療が制限されてしまうことがあります。
また、ご本人様に自覚症状が無くても、
軽度の金属アレルギーの可能性もございます。

そのような場合、歯科治療が制限されてしまうことになりますが、
神戸市垂水区で金属アレルギーの方の歯科治療を専門としている当院であれば、
状況に応じて臨機応変に治療を対応をすることができます。

もし、今までに金属アレルギーのことでお困りな場合や、
何かお体に問題が発生してしまった場合なども、
ぜひ当歯科医院にご相談いただければ、
患者さまに最適な治療方法をご提案させていただきます。

当院では、これまでも多くの金属アレルギーの方の歯科治療を対応をしてきましたので、
他院で治療が困難として断れた場合でも、
患者さまの症状に合わせた治療が可能でございます。

また、セカンドオピニオンとして、幅広い治療方針を検討されている方も、
ぜひ当院にご相談いただければ、
他院では出来ない専門的な治療が可能でございますので、
ぜひ諦めずご相談ください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.10.03更新

歯茎の色はタバコや歯周病により、
色素沈着してしまうケースが多いです。
そのほかの原因は、歯の治療に使われていた金属が、
適合せずに変色してしまうということもあり、
このようなケースは、ガムブリーチングをおこなうことで、
メラニン色素を除去でき、
健康的なピンク色の歯茎に戻すことが可能です。

治療時間や長くても30分程となっており、
薬品を使用すると、約10分で治療が完了となります。
治療の際には痛みがまったくないので、
痛みが心配というかたも安心して治療ができます。
治療期間や約2週間となっており、
治療後には理想的な色の歯茎になります。

歯の色にコンプレックスがあり、治療をするかたの中には、
一緒に歯茎の色も治そうとするかたがいます。
歯の色が綺麗になっても、歯茎の色が紫色だと、
不健康に見えてしまい、好印象を抱かれにくいです。
歯茎の色は顔全体の印象にも大きく影響してくるので、
歯の色と一緒に治すのがおすすめです。

歯茎の色が気になるかたは、一度専門家にご相談ください。
ガムブリーチングは、メラニンの色素沈着に有効ですが、
ほかのケースでは効果があまり期待できないことがあります。
一度診てもらうことで治療が可能かどうかを判断できます。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.09.30更新

ホワイトニングは、歯を奇麗に美しく見せるために必要な方法で、
適切に治療を進めることで、患者さまのご負担を大幅に減らすことができます。

歯を奇麗に美しく見せるために、
多くの芸能界の方やモデルの方などが治療を受けています。

特にブラッシングで取れない歯の汚れは、
人から見たときにも不健康に見える、
歯の汚れのように目立つ、などデメリットがございます。

人と会うことが仕事の方や、
女性で審美目的の方の場合、
ぜひ専門のホワイトニングの治療を受けることをお勧めいたします。

美しい、健康的な歯を手に入れるためにも、
早めに治療を受けることでより美しく、
歯も奇麗に整うなどメリットも多数ございます。

歯のことで、何かお悩みのことがある、健康的な歯を手に入れたいなど考えている方は、
垂水、舞子で実績がある当歯科医院にお任せください。

ホワイトニングは基本的に自費診療となりますが、
それほど高額でないため、近年では多くの方が一般的に治療を受けております。
また、実際に奇麗で美しい健康的な歯を手に入れるには、
やはり専門の歯科医院にお任せいただくほうが、
歯の負担も少なく、仕上がりも美しくできます。
歯石などの歯の汚れなどにも対応いたしますので、ぜひご相談ください。

投稿者: 春藤歯科医院

2014.09.26更新

歯の色を白くする際には、
ホームホワイトニングと歯科医院でおこなうホワイトニングの2種類があります。
歯科医院でおこなうホワイトニングは速効性があり、
すぐに歯の色を白くしたいというかたに適しています。
ホームホワイトニングの場合は、ご自宅でじっくり歯の色を白くするものであり、
歯科医院でおこなうホワイトニングよりも効果が持続するというメリットがあります。

どちらの治療法にも良い点があるので、
ご自身のニーズにマッチしている治療を選択してください。
歯科医院で歯の色の治療をおこなうかたは、
すぐに歯の色を白くし、お見合いや結婚式といった大切な時に、
より綺麗でいたいというかたがほとんどです。

また、就職活動をおこなう際にも、歯の色は重要であり、
歯の色は選考する上での基準となっている会社も多いため、
就職活動のために歯の色を治療するかたもいます。
どちらの方法でも治療費がかかってしまいますが、
治療をすることにより、満足のできる歯の色になり、
ほかのかたから見たら印象が良くなります。
歯の色がコンプレックスのかたは、
まずは一度歯科医院に相談をし、
治療をするかでどうかを検討してみてください。

投稿者: 春藤歯科医院

前へ 前へ