インビザラインの特徴

人に気づかれずに矯正治療が受けられる

従来の矯正装置は金属製のワイヤーとブラケットを使用するため、口を開けて笑った時や人前で話をした時などに、どうしても装置が目立ってしまいがちですが、しかしインビザラインは透明かつ薄いマウスピースを使用して矯正を行うため、ほとんど人に気づかれることはありません。

痛みが少ない

インビザラインは約2週間に一度の頻度でマウスピースを交換し、それにより歯をゆっくりと動かしていくので、痛みはほとんどありません。また矯正装置が唇に食い込んだり、舌や粘膜に当たるようなこともないので、従来の矯正装置と比べて痛みが少ないとされています。

違和感が少ない

インビザラインで使用されるマウスピースは非常に薄いので、従来の矯正装置と比べて装着した時の違和感が少ないという特徴があります。また装置が邪魔できれいに発音することができないということもありませんので、営業職や接客業の方など、人前で話をされる機会の多い方でも安心して治療を受けることができます。

患者様ご自身で取り外すことができる

インビザラインは患者様ご自身で取り外すことができます。ですので、矯正治療を始める前と同じように食事を楽しむこともできますし、またブラッシングなどの口腔ケアもしっかりと行うことができます。

金属アレルギーの方でも治療が受けられる

インビザラインによる矯正治療では金属を使用しませんので、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を受けることができます。

歯型の再現性が高い

インビザラインは、CTスキャニングにより3D的に治療設計を行うので、患者様の歯型を正確に再現することができます。

型取りは1回のみ

インビザラインは通常、一度の型取りで治療に使用するすべてのマウスピースを作製することができます。ですので、歯の型取りに伴う患者様のご負担を軽減することができます。

様々な症例に対応

一部の症例を除いて、インビザラインは様々な症例に対応が可能です。

インビザラインQ&A

Q.他のマウスピースを使用した矯正治療との違いは何でか?

A.インビザラインは、歯の型をとる回数が1回で済むという利点があります。

 

Q.治療期間はどのくらいですか?

A.歯並びの状態にもよりますが、数ヶ月から2年ほどで治療は終了します。

 

Q.通院間隔はどのくらいですか?

A.おおよそ3~5週間に1回のペースでの通院となります。

 

Q.治療費用はどのくらいですか?

A.多くは100万円前後となっています。

 

Q.他のマウスピース矯正よりも、なぜ費用がかかるのでしょうか?

A.他のマウスピース矯正は、マウスピースを日本でも作製しているのに対し、インビザラインはアメリカでマウスピースを作製しています。そのため、どうしても費用がかかってしまいます。

 

Q.1日何時間くらいマウスピースの装着が必要ですか?

A.就寝時間も含めて、1日20時間以上の装着が必要です。

 

Q.何回くらいマウスピースを交換するのですか?

A.矯正治療中に20~40回、マウスピースの交換をおこないます。

 

Q.子供でも治療を受けることができますか?

A.第2大臼歯(前から7番目の歯)が生える12歳頃から治療を受けることができます。

 

Q.インビザラインでの治療中は、虫歯の治療ができないと聞いたのですが。

A.虫歯の治療はできます。ただ、他のマウスピース矯正とは異なり、一つの歯の型で治療終了までのマウスピースを作製するため、虫歯の治療はしにくいといえます。

 

Q.抜歯を必要とするケースにおいてもインビザラインは適応になりますか?

A.抜歯を必要とするケースにおいても適応となりますが、多くは従来のワイヤーを使用した矯正装置の併用が必要となります。