2014.07.25更新

現代では数多くの方が喫煙を習慣的に行なっていますが、
煙草に含まれるニコチンは歯に黄ばみを帯びさせる原因です。
一度、煙草の黄ばみが歯に染み付いてしまうと、
歯磨きをする事では取れるものでは無くなってしまいます。

喫煙前くらいの綺麗な白色の歯を取り戻したいという場合には、
ホワイトニングを活用するのが効果的です。
しかし、長期間の喫煙により着色した色は、
ホワイトニングだけでは色素を分解する事に限界があります。
垂水、舞子の当院ではホワイトニングに限らず、
歯のクリーニングも行なっており、
それらで施術をすることによって綺麗な歯を取り戻す事に期待出来ます。

また、ホワイトニングで喫煙の色を解消したとしても、
日頃からケアを行なっていなければ、再着色が起こる可能性があります。
また、ホワイトニングをしている期間や施術が完了後、
習慣的な喫煙を始めると、また黄ばみを帯びさせてしまいます。

そのため、今後に歯の色を綺麗な状態で保ちたいと考えたとき、
なるべく喫煙は控える様にする事が必要になります。
ホワイトニングを行なう場合には、喫煙はもちろんですが、
色が濃い飲食物もある程度制限がかかります。
歯の色を完全に綺麗にしたい場合には一度検討されてみてはいかがでしょう。

投稿者: 春藤歯科医院