2014.11.21更新

歯と歯の間に隙間があるかた、変色してしまった歯があるかたは、
ラミネートベニアをおこなうのがおすすめです。
歯の表面を少し削り、歯の色をした薄い板を貼り付け、
見かけを改善する方法ですので、
歯が変色したかたや、歯と歯の間に隙間があるケースに有効です。
以前は歯の全周を削り、その上にかぶせものを入れる必要がありましたが、
クラウンをかぶせるためには、歯を大きく削る必要があります。
ラミネートベニアの場合は、少しだけ削れば良いので、
歯の神経にも影響はありませんのでおすすめしています。

歯と歯の間に隙間があるのを気にされているかたも多いと思います。
特に前歯の間にある隙間は気にするかたが多いです。
前歯はどうしても歯が見える表情をする時に目立つ部分です。
目立つ部分だけに、人前で見えないようにしているかたも、
ラミネートベニアをおこなうことで安心して人前で歯を見せられます。

歯は人の印象を大きく変えるものです。
綺麗なかたは歯を綺麗にすることでより綺麗になり、
歯にコンプレックスがあったかたもコンプレックスでなくなります。
ラミネートベニアをしたいというかたは、
ぜひ、当院にご相談ください。

投稿者: 春藤歯科医院